個別指導塾でも家庭教師でも問題なのはその選択の仕方です。中学受験のために家庭教師が駄目と言うことではありません。ただし家庭教師派遣において、学歴、年齢でいい家庭教師かどうかを決めてしまうと言うことではなくて、実績をしっかり見つめて教師を選択する必要があります。

指導してきた人数、受験生の合格率、教えられる教科、更に英検、数検などの資格試験指導のありなしということでプロの家庭教師かどうかということを判断されていかなければなりません。もちろん家庭教師の評判もよく、そのような家庭教師はどんどん今後も伸びて行くことでしょう。

駄目な家庭教師は挙げ句には、中学受験の志望校を変更を迫ると言う結論に至ってしまうかもしれません。学力が伸びないから変更しなければならないというのは論理として正しいことは正しいですが。プロの家庭教師はノウハウを知り、何が何でも志望校に合格させてくれる筈です。家庭教師が悪いと言うことではありません。しかしそのようなプロの家庭教師をしっかり選択していかなければなりません。もちろん個別指導塾の講師に対しても誰でも構わない、個別指導塾にお任せさえすればいいと言うのは正しい方法ではありません。