中学受験に個別指導塾でなく家庭教師を選択した場合、家庭教師にどのような先生がいるのかと言うこともとても気になる問題です。実際に中学受験のためのプロの講師は家庭教師にはなかなかいないと言います。決していないと言う訳ではありませんが、せいぜい10分の1程度だと言われています。後の先生はどのような先生かと言えば、普通の家庭教師であり、学生が指導を行っています。最初からそのような学生がやっていることを理解していれば問題はありませんが、プロ家庭教師を選択と言う時にはちょっと注意をしなければならないことがあります。

プロの家庭教師と謳っていながらその中にもプロではない家庭教師がいます。自称プロと言えば既にプロの家庭教師となり得てしまうことに大きな問題があるようです。家庭教師は決して国家資格と言うことではありません。ただし、この程度のことはご両親もいろいろ判っていて、家庭教師の人にも質問を投げかけて皮を剥ごうとするでしょう。

大事なのは実績であり、今までの経験です。しかし派遣家庭教師では、そのようなものを二の次に回して、年齢と学歴でいい家庭教師と判断してご家庭へ提供すると言います。つまり年齢がある程度いっていて、いい大学へ通っていると言うのなら誰もいい家庭教師と言うことになります。