中学受験のため個別指導塾に決めるという時どのように個別指導塾を選択して行けばいいのでしょうか。1:2や1:3という比率も個別指導塾にはとても大事な問題です。1:2と1:3は大きな違いです。個別指導塾では学生の講師の場合があります。更にプロの講師が指導を行う場合もあります。そして高い教材を使用して授業を行うと言うケースもあります。カリキュラムも子供さんにいざ受けさせようとなればとても気になる問題です。そして経済的にも出来れば安い方がいいとどの家庭も考えることです。
しかし実際に中学受験のための個別指導塾の選択は、他に選択の方法があります。つまり子供さんが成績がアップしない限り個別指導塾に通う必要はありません。

1:2や1:3ということに拘りをもって、1:2を選択したところで成績が上がらない人は一向に成績を上げることが出来ません。果たして個別指導塾が、子供さんの成績をアップするために一生懸命取り組んでいるでしょうか。 とても気になる問題です。実際に個別指導塾の中には利益優先主義のところが多くあります。利益を優先したいばかりにただご両親に媚びてばかりいる個別指導塾では全く論外です。甘やかす主義の個別指導塾は避けるべきです。