昔より存在している塾のスタイルが集団指導塾の方法です。おおかたご両親も塾の形式と言えばこのような方法をすんなり理解している筈です。集団指導塾の場合、少人数制と言った場合では7人程度の子供さんの人数よりまとめて指導を行って行きます。ただし7人以上ということであり、多い人数の集団指導塾の場合、20人以上で授業が行われるケースもあります。いわばそのようなスタイルとは、学校に似た形式であり、学校へ通い、更に子供さんは小さな学校へ再び通うという感じになるのかもしれません。

中学受験における集団指導塾も現在個別指導塾が登場したお陰でかなり個別指導塾を意識していろいろな方法を模索している傾向あるようです。 実際に集団指導塾も古いカテゴリーに囚われているということでなく流動的に変化しようとしています。そして比較されることによって集団指導塾の講師もかなり昔以上レベルが高くなりプロとしての自覚の高い講師が増えたと言われています。

個別指導塾は落ち零れの子供さんを受け入れることが出来ますが集団指導塾の場合取り残されてしまう可能性がありますので強いて言えば子供さんもレベルの高い子供さんが集まってしまう結果となるようです。ここでは子供さん同士が競争しあうことが出来ます。