中学受験の個別指導塾が街にはいろいろあります。子供さんの中学受験の勉強の為にはとても有難い環境といえます。しかし塾の数があまりにも多すぎて、尚更分らないと言うのが正直なところではないでしょうか。塾では一般的にはかつて集団指導塾と言うものがメインでした。塾の形式をそれほど選択する必要などなかったのです。ただし今は違います。集団指導塾と、個別指導塾と言うものがあります。そして中学受験の為に家庭教師と言う選択も出来ます。

集団指導塾とは、大人数の子供さんが一緒に講師に教わる形式のことを言います。ちょっと勉強が出来ない、更に苦手分野があると言う時に集団指導塾では取り残されてしまう可能性があります。一人の遅れに講師は集団指導塾の場合気をとめてくれることがありません。しかし生徒一緒に授業を受けることで相乗的に刺激されることが出来ます。集団指導塾には集団指導塾のメリットがあります。個別指導塾は、ちょっと苦手分野があっても塾は少人数性を取っている為に、講師が子供さんを置いてきぼりにしないでしっかり待ってくれます。マンツーマンだけでなく、極々少人数で行う個別指導塾にも大きなメリットがあります。

勉強がそれほど嫌いでない、自分で積極的に勉強をするタイプの子供さんなら敢えて個別指導塾である必要はないかもしれません。更に勉強が苦手、なかなかしようとしないと言うのなら家庭教師と言う選択もあります。大事なことは子供さんがどの塾のタイプに属しているかしっかり見極めることです。ここでは個別指導塾のメリット、デメリットを集団指導塾などと比較して見て行きます。